SDL_pcb 画面詳細

SDL_pcb ver 0.12 (2008/05/14)
HELLO WORLD PROJECT 2006,2008 (jumpei isshiki)


SDL_pcb トップ画面
SDL_pcb トップ画面

SDL_pcb テストメニューのトップ画面です。
項目は以下の通りです。

  ・SWITCH TEST    : 設定されているスイッチが入力できるかどうかをテストできます。
  ・SCREEN TEST    : 画面の歪みを目視で確認できます。
  ・COLOR TEST     : 画面の色調を目視で確認できます。
  ・PLAY DATA      : プレイ時間やプレイ回数などが確認できます。
  ・CREDIT SETTING : クレジットの設定ができます。
  ・SOUND SETTING  : 音量の調整や読みこんだ音の再生テストができます。
  ・INITIALIZE     : 全ての項目を初期化します。
  ・QUIT TEST MODE : テストモードを終了します。


SDL_pcb スイッチテスト
SDL_pcb スイッチテスト

スイッチテストの画面です。
キーが設定されている項目には「-」が、されていない項目には「#」が表示されます。
キー入力があると、「-」の部分が「*」と表示されます。
入力の表示部分が 3 つありますが、それぞれ、
「押下状態,リピート状態,トリガ状態」
です。
「押下状態」は押しっぱなしの状態。
「リピート状態」は繰り返し入力の(押しっぱなしで入力のオンオフが切り替わる)状態。
「トリガ状態」は初回入力のみオンになる状態です。


SDL_pcb スクリーンテスト
SDL_pcb スクリーンテスト

スクリーンテストの画面です。
画面に格子状の線が表示されます。画面が歪んでないかどうかを確認してください。
また、表示位置が調整できるモニタの場合、この画面で表示位置を調整してください。


SDL_pcb カラーテスト
SDL_pcb カラーテスト

カラーテストの画面です。
画面にカラーバーが表示されます。この色を見ながら色調を調整してください。


SDL_pcb プレイデータ
SDL_pcb プレイデータ

プレイデータの画面です。
項目は以下の通りです。

  ・RUNING TIME   : アプリケーションの実行時間です。テストモード中もカウントされます。
  ・PLAY TIME     : ゲームのプレイ時間です。
  ・PLAY COUNT    : ゲームをスタートした回数です。
  ・COIN COUNT    : コインを入れた回数です。
  ・CREDIT COUNT  : クレジットが入った回数です。
  ・SERVICE COUNT : サービスボタンでクレジットを入れた回数です。
ここで、「コイン回数 = クレジット回数」にならないことに注意してください。
デフォルトの設定では、「1 クレジット / 1 コイン」ですが、設定によっては、1 クレジットが 2 コイン以上であることもあります。


SDL_pcb クレジット設定
SDL_pcb クレジット設定

クレジット設定の画面です。
項目は以下の通りです。

  ・ONE CREDIT   : 1 クレジットに必要なコイン枚数を設定します。
  ・INIT SETTING : クレジットの設定を初期化します。
  ・QUIT SETTING : クレジット設定を終了します。
1 クレジットの設定は、0 〜 9 までの範囲です。0 は「FREE PLAY」と表示され、クレジット投入無しでいつでもスタートできます。


SDL_pcb サウンド設定
SDL_pcb サウンド設定

サウンド設定の画面です。
項目は以下の通りです。

  ・MASTER VOLUME : 曲、SE 共通の音量を設定します。
  ・MUSIC VOLUME  : 曲の音量を設定します。
  ・SE VOLUME     : SE の音量を設定します。
  ・MUSIC TEST    : 読みこまれている曲の再生テストができます。
  ・SE TEST       : 読みこまれている SE の再生テストができます。
  ・INIT SETTING  : サウンドの設定を初期化します。
  ・QUIT SETTING  : サウンド設定を終了します。
再生テストでは、番号の右側に「(OK)」と表示されていれば再生できます。
「MASTER VOLUME」は、操作すると曲、SE 両方の音量が変化します。


(C)2006 HELLO WORLD PROJECT (Jumpei Isshiki)